愛媛第二分区ガバナー補佐挨拶|国際ロータリー第2670地区2019-2020年度

愛媛第二分区ガバナー補佐

髙橋 宏文(Hirofumi Takahashi)

    RC役職歴

  • 平成4年9月/伊予ロータリークラブ入会
  • 平成11年7月/幹事
  • 平成20年7月/会長
  • 平成24年7月/会長(2回目)

    受賞歴

  • ポール・ハリス・フェロー
  • マルチプル・フェロー
  • 米山功労者

ごあいさつ

 この度、愛媛第Ⅱ分区のガバナー補佐を仰せつかりました伊予ロータリークラブの髙橋宏文です。

 田舎の小さな寺院の住職をさせていただいております。伊予ロータリークラブに入会したのは32歳の時で、しばらくの間はクラブ最年少会員として諸先輩方にかわいがっていただきました。

 会長や幹事をさせていただいた際、ときのガバナー補佐から多くの示唆やご指導をいただきましたが、どなたもがご自身の会社経営を通じて得た知見を、分区各クラブのご指導にいかんなく発揮されておられたように感じました。
 私といえば父である先代住職の体調不良を受けて、学生からいきなり寺院に入ったものですから所謂「実業界」の経験がありません。そのような私が、ガバナー補佐としての一年間、分区にどのような貢献ができるものやら心許ない限りですが、お請けした以上は可能な限り力を尽くしたいと思っております。

 社会の意識の変遷の影響を受けて、ロータリーだけでなくあらゆる団体が変化を余儀なくされております。
 しかし他でもないロータリーとしての矜持を見失わないよう、堂々と胸を張って存在してゆくためには変えてはいけないものがあります。
 手前味噌で恐縮ですが、私の所属している伊予クラブは、過去に訪問されたガバナーやガバナー補佐の方々から「ロータリーらしいクラブ」とお褒めの言葉をよくいただきます。いい意味で「昭和のロータリー」を維持しているクラブではないかと自負しております。
 入会当時から「世間知らず」「純粋培養」などと罵倒されながらも、故谷岡睦夫元ガバナー補佐(当時はまだ分区代理という名称でした)をはじめとするチャーターメンバーの方々からの薫陶を受け、ロータリー精神を叩き込まれました。それが曲がりなりにも四半世紀のあいだロータリークラブを続けられてきた今の私の財産となっていると感じております。

 実業人としてはなんの知識も経験もない私ですが、大島ガバナーのリーダーシップのもとで、ロータリアンとしての自分の経験を通じて少しでも分区のお役に立てればばと思っておりますので、皆様のご鞭撻とご協力とをよろしくお願いいたします。

TOP